目移りして困ります。

好きでこのような仕事をしていると、同じようなモデルでも
目移りして困ります。今一番の私のお気に入りは当社の試乗車Z1000R2
ですが、作業でいろんなバイクに接するたびにどのモデルもそれぞれに
良いところがあり欲しくなってしまいます。
ただ新しいバイクには技術的なところには興味はあるのですが、全く
欲しいものがありませんが。
カワサキZ系で言えばZ1はなんといってもそのシンプルで美しいスタイルと
足つきのよさからくるとっつきの良さ。
振動はやや多いですが、エンジンのレスポンスの良さと車体が軽いことによる
軽快なハンドリング。
Z2RSは38歳の私世代には名前の響きがよいのですが、車両価格が高すぎ、購入意欲そがれます。
Z1000Mk2、FX750はやや車体が重たいですがカワサキらしい角ばったデザインと
飛ばすだけでなくゆっくり走ると実に気持ちの良いスムーズな乗り味、
またコーナーでとても安定していて思い切って走れます。でもMK2も良いものは価格が高い。
Z1000、Z750D1はサイドカバーのデザインが私は好きではないのですが
機械的にZ1などの初期ものに比べ色々対策されていて品質が良いことに魅力を感じます。
Z1000のクランクは重たくてレスポンスはやや重ったるくなりますが、
振動が少なくトルクがあって、ツーリングに使うにはとても向いています。
Z1000Rなどのローソン系は、ノーマルは余り好きではありません。
私にはノーマルがややダイレクト感がなく、だるく感じられるからです。
ただ手を入れると、階段を駆け上がるように面白いバイクになるので、
そこに魅力を感じます。またスタイルもカワサキらしい存在感があると思います。
ただこれもZ1000R1は値段が高すぎますね。R2は値段がそこそこ安く、
程度の良いものも少ないですがあります。メーターのデザインが余り
好きではありませんがおすすめです。
Z1100Rでも良いのですが、エンジンの状態が悪いものがかなり多くR2よりは、
値段が高いです。
などなど、お客さんのバイクであっても、売っているバイクであっても、
お金が許せば欲しいものがいっぱいあります。皆さんはどうでしょうか?
皆さん名前だけにこだわる傾向がありますが、やはりきちんと乗れてなんぼなので
名前とスタイルと機能(機械的な程度の良さ)とのバランスを考えることをお勧めします。