レストアで理想の旧車バイクを手に入れる

レストアで理想の旧車バイクを手に入れる

バイクでいうレストアとは、
『古くなって動かない、ボロボロな状態、などのバイクを新品のように修理・復元すること』
を言います。ですが、あまりに状態が悪ければ、完全にレストアすることは出来ません。

当店では、カワサキZ系を中心に、お客様のご希望の仕様にあった、適切な状態の良いベース車輌にレストア・オーバーホールを施し、販売をしています。

レストア前
レストア前
矢印 レストア後
レストア後
レストア前
レストア前
矢印 レストア後
レストア後

レストアによって、旧車バイクの乗り心地が違います

旧車バイクの乗り味は、思っている以上に自分好みにすることが出来ます。
そもそも、バイクの乗り味とは10人10色で異なります。

ブレーキの効き具合やアクセルの反応、グリップの馴染みやハンドルの硬さなど、人によって好みは変わりますし、感じ方も違います。
だから一人一人の違いに合わせたレストアが乗り味を求める上で必要になるのです。

この乗り味を左右する設定は、レストアによってバイク全体を細部にわたるまで調整することで、改善することが出来ます。タサキチューニングでは、数多くのレストアを行うことで多くの知識を蓄積しています。これにより、状況ごとに必要な細かなバランスの設定を作り出すことが出来るのです。

当社でレストアした旧車バイクは、故障しづらく、長くお乗りいただけます

一般的なバイクのレストアでは悪いと思われる個所を直して「直った」としてしまうことが多いようです。しかし、タサキチューニングではバイク全体のパーツ一つ一つから細かくチェックしていきます。そして、「どこでどのような問題が起こっているか」という全体感をもって旧車バイクの問題発見に取り組んでおります。

これにより、間接的に問題を起こしていた不具合のある箇所を漏らすことなく修理することが出来ます。全体をパーツの細部まで丁寧に見てレストアするからこそ、旧車バイクが故障しづらくなり、大切に長くお乗りいただけるのです。

▲ページトップへ戻る