これからも残していきたいバイクたち

当社で取り扱いの、メインのバイクは皆さんご存知のとうり
カワサキZ系、ニンジャです。
今現在、販売されているバイクから見れば、これらの車種は
どんなに頑張っても最速でもなく、最良のバイクでもありません。
ですが多くの人たちがこのバイクの魅力にひかれ、虜になっています。
スタイルに個性があり、乗っても良く走り、しかも頑丈。排気音もしびれます。
手を加えることによって、より自分にあったものに出来るのも魅力のひとつです。
いまのバイクたちに、これに変わるほどの魅力ある物は見当たりません。
もちろんいまのバイクを全否定する気はまったくないのですが、
「一生乗り続ける」と思えるほどの思いで買う物はないと思います。
きっと、飛びぬけてすばらしいところがないからでしょう。
すごく優秀で、好青年でも、つまらないものはつまらないのです。
私であれば、数百万円に及ぶ高価な買い物を、そんなすぐに過去のものと
なってしまうような物に使う気になれません。
当社で販売するバイクを製作する際、いつも願うのは
とにかく長く乗り続けて欲しい、また乗り続けたいと思える
バイクであってほしいということです。
その為には、そのバイク本来の能力が発揮できている状態、コンデション
でなければ、そのバイク本来の魅力を感じることは出来ません。
つまらない故障ばかり、あるいはすごく乗りにくいままでは、だんだん
乗る機会も減って、売ることになってしまいます。
また当社で作るからといって、うちの部品がたくさんついてなくったって
いいんです。そんなことは小さなことで、どうでもいいんです。
大切なのは、そのバイク本来の魅力が感じ取れるバイクにすることです。
だからそのバイクがダメになるパーツはつけたくない。
足を引っ張るパーツはつけたくない。
相変わらず正しい知識や経験もなく、お客さまのバイクを触り、
売るためだけにでてきたような、つまらないダメパーツを、
ろくすっぽ基本も出来てない整備士が組み付け、名車をダメに
している話が耳に入ってきます。
どの話もあまりに痛々しく、とてもむなしくなってきます。
当社に出来ることは少ないですが、忙しく乗る時間が取れなくても
走っているときの事を思い出し、そのことを胸に大人が頑張れるような
バイクを作っていきたいと思います。ではまた。