セルモーター

旧車バイクのエンジンオーバーホール(以下OH)をする際に
セルモーターのOHも行います。
エンジンのOHを行えば、エンジンの圧縮が高くなるので
古いZ系などのセルモーターはへたっている関係で、
そのままですとバッテリーなどが新品でも回らなくなります。
(使用するピストン、ハイカム、強化バルブスプリングの使用など
エンジンのチューニング状況でも変わります)
セルが回せないとスタータークラッチにかかる負担も大きくなり
無理にそのまま使っていると、スタータークラッチの寿命が大幅に短くなります。
そこでセル内部の部品を削ったり、部品を換えたりしてセルモーターをOHします。
ニンジャなどではそれで充分なことが多いです。
ただZやローソン系などさらに古いものは条件次第では
それでは回りにくい時があります。
バッテリーがフル充電はない。
接触が悪い。
ガソリンスタンドで給油後、ツーリングなどで休憩後の
エンジンが温まっている状態での再始動、などです。
当社のエンジンは全機セルモーターのOHを行っていますが、
社外品ハイカム、バルブスプリング使用、
あるいは純正カムでもZ1100Rなどのリフト量の大きいものは
回りにくい症状がでます。
もしギャンギャン何事もないように余裕で回るものがあれば、
エンジン自体にフリクションの対策をしていたとしても
マージンの取りすぎで(圧縮が低いなど)エンジンは
もっと走る余裕があるかもしれません。
逆にセルがへたっていても、エンジンが回るのはエンジンも
かなり消耗して圧縮が下がっているからです。
それですと、せっかくもっと楽しめるのにもったいない話です。
セルさえ回りエンジンがかかればよいことですから。
そうなった場合いちばん良いことはセルモーターを新品に交換
するのがやはり良いです。OHでも結局すべて換えてしまえば
費用がかさみます。そうなるってくると交換するほうが手間がかからず
確実です。
下の方に部品番号、金額を書いておきますので、そういう症状の場合はどうぞ。
金額自体は結構しますが、一度換えれば安心です。
ちなみにバッテリーがまともであれば、Z系はOHエンジンや
ヨシムラST-1カムくらいまではセルOHでだいたい充分に回ります。
これはコスワースピストン、あるいはJBピストン使用の場合です。
ほかのメーカーは解りません。
Z系ST-2以上あるいはローソン系ならOH、ST-1カムでも、
もし回りにくければ交換してもよいと思います。
結局スタータークラッチが長持ちして元は取れると思います。
カワサキ純正部品 21163-1143 
買う場所によって金額は変わると思いますが、
今現在38850円です。
ちなみに私のR2はST-2カム、JB製強化バルブスプリングで、
自分で言っておきながら、OHのセルモーターです。
面倒ですが、毎回満充電して乗ってます。
かなり欲しいのですが、高くてなかなか買えません。
ただ自分で治せる。(当たり前ですが)
当社では、買って交換するならOH済みのセルを買うより、
新品をお勧めします。
当社で最初からすべてセル新品にしないのは、単に金額が
高くなってしまうからです。セルOHはセルの交換部品代のみで
サービスで行っていますから。(エンジンOHの時のみ)