メルマガ3回目配信。

会員の方にメールマガジンの3回目配信しました。
サスペンションについて書いてます。

一部紹介しますと、
私たちが乗っている時に、ピストンの動きが速い時は、
(ダンパーが素早く伸び縮みしている時)
ギャップを超えたり、道がデコボコだったりしている時です。
道のギャップを超えた時に一気にダンパーが縮みます。

本来はここでダンパーが抵抗なく縮んでくれ、
路面のデコボコが車体上部に伝わらない(私たちにも)
理想なのに、ギャップを超えるときはピストンの動きが
速いので逆に減衰力が上がってダンパーが縮まず突っ張ってしまう。
だから乗りごこちも悪くなるし、車体もゆすられて不安定になる。

逆に今度はブレーキング時、加速時などは、
ダンパーが縮む速度がギャップのデコボコを超える時より
明らかに遅い。当然ダンパー内のピストン穴を通る
オイルの速度も遅くなり、減衰力が上がってこない。

ということはダンパーが踏ん張って欲しい時に、
逆に踏ん張らないダンパーとなってしまうのです。

てな感じです。
会員に入られている方でこちらの
メールマガジンが届いていない方がもしいれば、
必ず早めにご連絡ください。
よろしくお願いします。