カワサキZ程度の良いエンジンとはどういうものを言うのか

当社の営業は本日までとなっております。
年始は5日か6日からと考えております。

メールマガジンを配信いたしました。
届いていない方はご連絡ください。

本日MK2を納車いたしました。

パソコンなどをお持ちの方は
拡大して見た方がより鮮明に見えます。

今回はカメラを変更しましたので、
以前よりも現実の物に近いと思います。

今回のマフラーは初の当社製チタン黒メガホン仕様です。
サイレンサーの部分のみ磨いてみました。

当社の名前が入ったエンブレムは色が黒のマフラーには
実際にあてがってみると似合わなかったため、
取り付けないこととしました。
ブランド名をやたら不自然に入れるより、
ない方が良いこともあると思います。
チタン地そのままの場合はある方が良いと思いますが。
IMG_5803(2)

IMG_5822(2)

IMG_5843(2)

IMG_5851(2)

IMG_5869(2)

IMG_5884(2)

各部のアップの写真は後日紹介いたします。

まずはご連絡から。
来年の3月以降の自動引き落とし分からになりますが、
会員の方の、メールマガジンのみ金額を変更します。
少し下がってひと月当たり500~600円(税別)
程度にいたします。

理由はメールマガジンを希望される方が
多いためです。
旧車乗りなら知っておくべきということを
書いています。

手動でのお振込の場合、確認に手間がかかるので
金額を下げることはできません。
現在自動引き落としの書類の返送がまだの会員様、
お早目の返送をお願い致します。

また一括である程度先にお振り込みいただいている方の分は
差額分お振り込み済みの月が延長されます。
話は変わりまして、
程度の良い車両とはどういうものをいうのか、
当社で販売したZ900のベース車両のエンジンを
例として紹介したいと思います。

普段は作業後の物を紹介しているため
綺麗で当たり前ですが、
今回は分解し、洗っただけの物です。

さすがに分解しオイルだらけの物では
一般の方から見ると良いかどうかは解りかねると
思いますが、(私どもは解りますが)
洗浄すれば誰が見ても綺麗なものは綺麗なので
その状態の良さが解ると思います。

程度の良いエンジンがプロにしか解らないものと
考えるのは間違いで、一般の方でも内部であれば
解ります。綺麗なものは綺麗でそれが程度が
良いものだからです。

今回紹介する物は一番程度が良い部類に入ります。
ここまでの物はほとんどないのですが、
良い物として考える基準になります。

つまり車両購入時に程度の良い物かどうかを外観から
判断し、良い物を入手するのはとても難しいことですが、
いったん購入して分解、そして中身を見れば状態、
直観で感じる印象で誰が見ても程度が良いと
いうことはあるていど判断できるのです。

つまり掃除をしても汚い印象の物は
ダメなものなのです。

またエンジンオーバーホールという作業を
勘違いされている方がいますが、
全ての物を交換するわけではなく、
エンジン本体の大物部品をはじめ、
内部部品でとくに傷んでいるもの以外は
消耗品以外再使用となる物が数多くあります。

ということはエンジンオーバーホールする以前の
元のエンジンの状態が、結局完成時の品質にも
大きく影響します。

また例えばミッションのギヤが傷んでいて、
それが欠品の場合、良い物を在庫として持っていなかったり
また入手できないとなれば、そのままの状態で
再使用となり、これではオーバーホールと
言えず、ただの分解組み立てですね。

なおかつ消耗品含め部品代をケチって交換しなかったり、
交換するものの品質が低かったり、
加工の精度が低ければ当然どこをオーバーホールしたの?
というダメエンジンになります。

前置きが長くなりましたが写真を紹介します。
車種にこだわって予算が足りずボロを買うか、
程度の良い物を選ぶかは自由です。

このエンジンをばらしました。
IMG_5168
IMG_5288

クランクケース下側。

IMG_5290

このエンジンは特別に良い方なので、通常のエンジンのように
過去の分解や整備で壊されている個所や、ガスケットがつく部分の
傷などがほとんどありません。
シフトのフォークやドラムも大変綺麗で、まったく消耗していません。

IMG_5303

今度はクランクケース上側。見てのとうり大変綺麗です。

どうでしょうか。
これを見ても程度が良いか解らないという人が
いるでしょうか。自然に肩の力を抜いて見て見れば
誰が見ても状態が良いと解ると思うのですが。

これが約40年前のエンジンです。

IMG_5312

今度はシリンダーです。
これも過去のダメ整備による傷がほとんど
見受けられません。

しばらく動かされていなかったため、
シリンダーライナーの内側にその痕跡が見られます。
これはライナー打ちかえボーリングをするので
全く影響はありません。

ガスケット取り付け面にほとんど傷がないことに注目。
ほとんどの物はここに傷が入っています。
丁寧に分解し、丁寧にガスケットを落とせば
傷が入ることはないのですが、
そんな当たり前のことができる整備士は
世の中にほとんどいないようです。

IMG_5335

今度はヘッドです。

ガスケット取り付け面に傷が入っています。
数は少ない方です。
これは修正面研するので全く問題なし。
プラグの穴が一か所ダメになってました。
内側の2本はタンク外さずにプラグの脱着を
すると傷めることがあるようです。
これも修理できるので大したことではありません。

バルブとの当たり面がとても自然でとても程度が
良いのです。バルブガイドは減っているので
交換となります。

ヘッドも各部の綺麗さが目立ちます。

 

どうです?程度の良いエンジンが
良いと思いませんか。