軽めのオイルの話

定期的メンテナンスといえばまず
オイル交換が頭に浮かぶと思います。
新しいバイクと、古いバイクを同じにして
語ることは出来ないので、当社で扱う40年とか
30年前のバイクのことと思ってください。
ただ私一個人の考えですから、
「俺はオイルについては詳しい」
という方には関係ない話で、しかも書き出すと
相当に長い文になってしまうので、さらっと書きたいと思います。
まず、今のオイルは昔のものより断然高性能です。
ですから、エンジンや、キャブレターがきちんとしているのなら
それほど神経質になる必要はありません。
私も10年位前は「何だっていい」と乱暴なことを
生意気にも言っておりました。
この「なんだっていい。」の中にはこういう意味があります。
こだわりすぎることによって、ありとあらゆる添加剤を
ためしで入れてみたり(これは絶対にやめてください)
いろんな高価なオイルをわずかな走行しか
走っていないのに、どんどん換えてみたり
(オイル漏れや、スタータクラッチすべり、エンジン音が
過大になったりします)
あなたの求めているものとは違う可能性もあることに
むやみに高いお金を使うのはもったいないと思うからです。
今時の最先端の高性能なエンジンオイルは、エンジン各部の磨耗を
おさえるかもしれません。今のエンジンにはあっているかもしれません。
が、レース専用のバイクと違い当社のお客様や、このブログを
読んでいる方はツーリングに行ったりする、旧車好きの一般の
バイク乗りがほとんどだと思います。
その場合大切なのはエンジン内の保護は勿論ですが、
オイル漏れしにくいこと、スタータクラッチ含め
滑ってはいけない部分が滑ったりしないこと、
乗っていいるときの回転するフィーリングが良いこと
(滑らかに回る感じがあるという意味)
これに絡むことではありますがエンジンノイズが
過大でないこと、値段が高すぎないことなどが重要だと思います。
速く走ること、パワーが最優先ではないということです。
レースメインであれば、壊れないのは勿論ですが
求めるのはパワーであったり、熱だれしなかったり、
となるかもしれません。
だからそれに会うものをそれの得意なお店で聞く。
当社はそういう店でないので、先程書いたようなことを
考えつつアドバイスします。
ですから、お客さん方で「これを入れたい」
と言われれば、当社でデータがあるものであれば
いいですよと答えますし、不安な物は断ります。
ここでも具体的にこのメーカーが良いなどは書きません。
人それぞれ、目的、好みによって使い分ける方が良いからです。
当社で販売したバイクに最初入れるオイルは、
お客様とやり取りしているうちに考えて決めています。
お客様の使用方法、求めるものが使っているうちに
代わってきたら別のものに変わることもあります。
今売られている新車に入れるオイルなら、
私は純正オイルを入れましょうといいます。
だから絶対これという物はないです。
ただ宣伝文句を鵜呑みにして、次から次へと
入れるのは辞めた方が良いと思います。
私の言う、「何でも良い」は、やり取りしているうちに
考え、判断しているとお考え下さい。
そこにこだわりすぎるより、大切なのは、
きちんとしたエンジン、キャブレター、
勿論点火系も調子よく、がとても重要です。
仮にキャブレターが調子悪く、かぶりやすいような
濃いキャブレターセッティングで走っていれば
どんどんエンジンオイルないに燃え切れなかった
ガソリンが入り、どんどん希釈されていくでしょう。
その方がはるかに問題あるのです。こういう場合は
早めにオイルをかえる必要があります。
また旧車の場合、ちょくちょくオイル量は正しく点検して
減っていれば足します。
エンジンオイルを交換する際には、フィルターも交換して、
フィルターを交換する際は、各部品は良く洗浄し、その時に
ゴミが入らないように注意しましょう。
今のオイルは高性能です。換えすぎは無駄です。
高級オイルで、友人が良いといってもあなたには会わない
場合もあります。当社のエンジンであれば、どの銘柄で
どの硬さでという物はお答えしています。
今私の(試乗車)バイクには回転のフィーリングが良くて
交換サイクルが長く、少しオイル漏れはしやすく、
スタータクラッチも滑りやすいものを使ってます。
少しは漏れ(にじんでも)ても良いけど、交換する
時間がなかなか取れないので交換サイクルが長いもの
スタータークラッチがやや滑りやすくなりますが、
しょっちゅう乗れないので、上がり気味のバッテリー
をなるべく使用前に充電してスタータクラッチの負担を
減らし、痛みにくいようにして使用しています。
ですが滑らかに回る感じが好きなのです。
こういう感じで、人それぞれエンジンの作業を担当した
お店などにアドバイスをもらいながら選ぶのが良いです。
100%自分の理想に合って、すべて良いと言う物は
有名メーカーのものであっても難しいと思います。
また有名だから良いともいえません。
その中で自分の好きなものを見つけると言うのも
楽しいことです。
特に旧車は気をつけないとオイルを換えるだけで
一気にオイル漏れが増えたりします。