Z1製作ドキュメント6

レストア作業はとにかく一つ一つの積み重ねです。
これ以外に品質を上げる方法はありません。

こうすることにより最終的に組みあがった時に、
その辺を走っている旧車バイクと別のものが出来上がる。

お金が余っている人なら、車種、年式、エンジン番号、
なんでもこだわってとことんしたらいいと思います。

ですがお金には限りがあるもの。

車種や、年式、エンジン番号にこだわりすぎ、
ボロボロのまま、まともに走らないもの、
中途半端にしか仕上げられなかったものよりも、
周りの意見なんかに振り回されず、
本当にこだわりたい部分は大切にして、
きっちり中も外も仕上げたものに乗る方がいい。

私なら車種はこだわるが、他は頭を柔らかくして
判断する。妥協ではない。頭を柔らかくして、
柔軟に対処する。

バッキバキに綺麗で、乗っても最高に楽しい。
そういうものが手に入れば、
いままでこだわっていたものが
実はそれほどのことではないことが解る。

車体番号、フルオリジナルものを飾りたい方は
本当にお金が余っている人が
買えばいいと思う。
私は走って楽しむ方を断然応援する。

この仕事に長く関わってきて、
すごく良いもの、良いもの、
まあまあなもの、
ダメなものも、もっとダメなものも
たくさん見てきて、そう思うのです。

きっちり一つ一つ積み上げて完成した
旧車バイクは、他には変えられない魅力があります。

では製作ドキュメントの続きです。

 

 

次回からエンジン組立が紹介できるかな。

Z1製作ドキュメント7へ