Z1入庫情報 HPにも紹介しております

Z1が入庫しました。
このブログの他に在庫車について
http://www.tasaki-tuning.com/info/index.html#info02
でも同内容を紹介しております。
こちらのほうが写真、文ともに見やすいと思います。

先日のブログで紹介していた写真は
製作時のもので現在のものではありませんので
ご注意を。

下のZ1を販売します。
希望の方には車体番号と
エンジン番号をご連絡します。
75年式です。

下の写真は現在のものです。
写真を撮影した時は夕方だったため
実際よりやや黄色みがかって見えます。

写真は説明の下に70枚ほど紹介しています。

写真の方はわざと悪い部分が
(例えばメッキ部品の細かい錆など)
良く解るように撮ってありますので、
全体の印象は実車の方が良いと思います。

時間がとれないのと、
今後整備のため分解を行う関係で、
掃除は無駄になるため
ざっと掃除したのみですので、
ホコリなどは結構付いています。

このZ1は当社で約10年ほど前に
全てばらして製作したものです。
当社で製作してからは2オーナーで、
今回購入していただければ3オーナーめになります。

当時はまだ製作模様の写真を撮っていなかったので
製作時の写真はありません。

最初のオーナーさんからはいくらまでなどの
上限金額などのことは特に言われず、
「ノーマルに近い外観ながら、中身はフルチューンで」
というオーダーになっており、
フレーム補強、点火系の変更なども行い、
エンジンはコスワースピストンを使っての
フルチューン仕様と、かなり予算のかかった
密度の濃い内容になってます。

製作から10年ほどたっていますが、
完成してから走行距離はまだ8000キロにすぎず、
試乗しても機械的な消耗は感じられません。
下に書いていますが、メーターのオドメーターの
一部ふらつきぐらいです。

保管は2オーナーとも
シャッター付きの完全屋内保管ですが、
ただ逆にあまりに乗っていなかったため、
エンジンのゴム関係のからのオイルにじみが生じ、
車体全体のメッキ部品に小さなサビと、
バフ部品に曇りがあります。

外観の部分についてはお客様の予算により
作業しますが、
機関的な部分は整備をがっちりしますので、
どうするかについては下の整備メニューに
書いていますのでご確認ください。

塗装面は、当時しっかり塗っていますので
フレーム、外装に掃除した傷が多少ありますが、
ともに当然状態がよく、
ホコリが各部についているだけで
外装のガソリンタンクのタンクキャップ周辺に
中からの膨らみが2箇所ある程度です。

なお外装色は変更加工です。
ほかの色がよければ
せっかくなのでご希望の色でどうぞ。

ただ、依頼している塗装屋さんが
忙しそうなので、納車時はこのままで収め、
別に1セットこちらで用意して、
完成したら入れ替え、
今ついているものは当社で引きとり、
ということになるかもしれません。

このZ1を下記メニューで
整備、部分レストアを行い販売します。
これら作業については全て写真を残し、
お渡しいたします。

まずエンジンですが、
降ろしてすべてバラして整備を行います。
あまりないと思いますが
開けて必要な部分は交換します。

ヘッドやポートはカーボンを落とし、
シートカットすり合わせを行います。

エンジンについては、
現在フルチューン仕様ですが、
予算や、車体全体のバランス等も考え
ヘッド回りの仕様を変更できるように
したいと考えています。

例えばオーバーホール仕様に変更、
あるいはカムシャフトとリフター、
バルブスプリングを変更するなど。
オーバーホール仕様に変更する際は
ヘッドを別に用意して、
オーバーホール作業を行い組み込みます。

腰下はフルチューン仕様と、
オーバーホール仕様では、クラッチと
セルモーターが違う程度なので、
ヘッドの仕様に合わせます。

またエンジンの外観ですが、
現在はブラスト仕上げのシルバー地ですが、
黒色のカバー類バフ仕上げのものに変更可能です。
お好みでどうぞ。
エンジン外観はフルレストア車と同じになります。

車体も各部分解して整備します。
そちらも作業内容は写真に撮って
お渡しいたします。

車体外観の美しさの方は今のままで充分
ということであれば、
それに合わせ、必要な部分の整備のみ行い
レストアは行いません。

今考えている整備のメニューは、

タイヤ前後交換。
フロントフォークを分解して
シール、オイルの交換。

ステム周りを分解しての
ステムベアリングの清掃、
グリスアップ。交換したほうが
よさそうであれば交換。

フロントブレーキキャリパーの分解
シール交換。必要であれば内部ピストン
の交換。

フロントブレーキマスターシリンダー
の分解。内部シール交換。

リヤブレーキ分解、シール交換。
必要であれば内部ピストン交換。

バッテリーは入庫時に当社で交換しました。

チェーンの清掃、オイルを塗ります。
スプロケットは減っていれば交換。

スイングアームのピボット部の点検、
グリスアップ。あるいは交換。

燃料コックのシール交換。あるいは
燃料コック交換。

メーターは一度現在の取引先とは違うメーター屋さんで
レストアを行っていますが、オドメーターの下の方の
数字に一部ふらつき有り。
そのままでも良いと思いますが
修理するかは予算により。

リヤホイールのハブダンパーは
点検し必要であれば交換。

ちなみにリムはアルミで、
スポークはステンレスに変わっています。
これは最初ベース車両購入時に
最初からなってました。

ホイールベアリングは点検し必要であれば交換。

電球、ハーネス類はそのまま。
気づいた点あれば、整備します。

ネジ類はくすんでいるものもありますので
バランスを考え一部、再メッキ品に交換。

ケーブル類は必要であれば交換。

FCRキャブレターは分解して
オーリングなどのゴム部品を交換します。

セルモーターのリレー交換。

こんな感じです。
一言で言えばがっちり整備します。
もともと良いものを
さらにここまで作業して販売する店はないと思います。

書いている以外にも
バラした時に気づいた点あれば
整備しておきます。

外観については人それぞれ考え方があり、
過剰になればフルレストア車と
同じ金額になってしまいますので、
予算など含め希望に合わせます。

またひとつ前の型にはなりますが、
当社製チタン、サイレンサータイプの
マフラーがついており、
装着後わずか1500キロほどしか
走っていないのですが、
集合部近くの、みなさんが段差を越える際に
一番当てやすいところにへこみがあります。

オーナーさんは何も言われていなかったので
おそらく当社以外で近くの整備屋さんで整備をする際に
(運ぶ時だと思われる)
へこましたのではないかと思います。

立ってみていると気づかない位置なので、
この部分についてはへこんでいる部分を
それなりに治すのが良いかと思います。
2番3番でエキパイを新たに製作し、
治すことは可能なのですが、
全体に綺麗でしかも焼き色が1番4番と
よくそろっていてそれが変わってきてしまうので、
もったいないと思うのです。

販売価格は外観をどこまできれいにしたいかで
大きく変わるので、ご希望を添え、
連絡いただければ見積り致します。

現在同仕様のフルレストア車を製作するより
はっきりとお買い得な金額です。
これは機関的なものでなく、
外観の状態が、いま現在制作したものより
約10年分引いているからです。

新車程に綺麗でなくても良いが、
程度がよく、充分に綺麗で、
機関的に絶好調!
こういうものが欲しい方向け。

保証はエンジン部分のみ1年間になります。
ほかの整備はサービスで作業するような
ものなので。

金額的には、
ゼロから製作する当社のフルレストア車と
先日オークションで販売した増井のZ1の間になります。

旧車の場合、
中途半端なものは意味がなく、
きちんとしたものでなくては購入後、
修理代ばかりかかって、
また乗っても本来の魅力を全く
感じることができません。

全く予算が合わないのなら
どうしようもないことですが、
頑張ればなんとか。
という方はこういうものに頑張らないと。

もし可能であればできるだけ
直接見ていただくことを希望致します。

そうすれば過剰に綺麗にしなくてもよく
より有益に予算配分できます。

なおZ系以外の下取りは今回については
できません。

お問い合わせは、
電話で田崎か、
HPのフォームからお気軽にどうぞ。

いつもどうり、
今まで取引がある、や、
金額が高い方などではなく、
先にご連絡していただいた方を
優先いたします。