旧車ならではの自分好みにしていく楽しさ

古いバイクにかかわる仕事をしていて
「やっぱりいいよね」
と、思うことがあります。
それは自分の好みに仕上げていく楽しさです。
それは、自分で所有しているZ1000R2も同じで
一見外観は同じような雰囲気の、私が勉強させていただいた
ビトーR&DのZ1000R1とも乗り比べれば大きく印象が違います。
バイクの乗り味は、外観は同じような感じでも、内部で使用する部品や
セッティングで印象が大きく異なるのです。
私のR2は試乗車でもありますのでフルコンプリート状態ですが、
年々ほんの少しずつではありますが変化しています。
それにより、毎日仕事で旧車に接していても、「まだこんなによくなるんだ」
と思うことがあります。
それは大きな部品を交換することだけでなく、一定期間で必然的に交換となる
タイヤ、オイルなどの消耗品交換などでも感じることもあります。
やや大ごとで簡単には出来ませんが、エンジンをばらしてのWPC処理なども
旧車バイクの場合は変化を感じることが出来ます。
実際に旧車バイクを購入して、たとえ好調なバイクでも
「ここがもう少しこうだったら」
と思うことが出てきて当たり前です。
もっとブレーキが効いたら、
もっとエンジンにパワーがあれば、
もっと車体が軽く扱えるようになれば、
もっとハンドルの位置が高ければ、
もっと乗り心地が良ければ、
もっとミッションが軽く変速できたなら、
もっとエンジンがスムーズに回れば、
もっと高速での直進安定性が良くなれば、
などなど、少しずつでも自分の理想に
近づくとより乗るのが楽しくなります。
機能部品が沢山見える旧車バイクでは
それに伴って見た目も自分好みになっていけば
さらに楽しいでしょう。
ただ自分の理想に近づけていくには、お金だけでは
充分ではありません。新車購入と違い、それだけでは効率の悪い、
レストアやチューニングは難しいのです。
それは、長く付き合っていく中でお互いのことを
理解していくことです。
それは、整備する人間と、乗る人間(オーナーさん)、
さらに乗り手とバイクそのものとの関係にも言えると思います。
当社のお客様の中でも、私が独立したての頭が固く
融通が利かないころからのお客様も、ありがたいことに
いらっしゃいます。
そのようなお客様と話していると、長く付き合っていると
よりそのお客様の好みや、
「ここまではして欲しい」
「これ以上は望まない」
「ここは自分でする」
と言う部分が解ってきて、よりお客様の理想に
近いものが製作できるような気がします。
リラックスしてより自分の意見がいいやすくなる、
という事も関係しています。
またバイクと乗り手に関しては、
新しいバイクしか乗ったことがない人が旧車に
乗れば、乗りなれるまでは正しいことは解りません。
自分が苦労して購入したバイクで好みでないところが
仮にあっても、本当はちょっとセッティングや、
部品を変更するだけで、とても良くなる場合もあります。
それは新しいバイクでも出来ないことではないかもしれませんが、
旧車バイクの場合、より変化させやすく、また変化の幅がとても広いので
変化がきちんと体感できます。
その幅が広い分、間違ったことをすればその分どんどん
バイクが悪くなり、乗りにくくなります。
正しく手を加えれば逆にすごく良くなっていきます。
ぜひ、本当に好きな旧車バイクをより長く所有して、
自分好みのバイクに仕上げていただきたいと思います。
理想の機械を手に入れる、
それはいろんな面で簡単なことではありませんが、
所有でき、いつでも乗れる状態であるならば、
これほどの幸せはなかなかない、と思います。