Z1000R2エンジン組み立て1

ご使用端末により本日分ブログの内容のみ表示され、
カテゴリーやバナーが表示されない時があります。
過去の記事などお読みななりたい場合は、
再読み込みしていただくか、
それでも表示されない場合は、
ブログ内の写真をクリックしますと表示されます。
お手数ですがよろしくお願いします。

GS1000を再販売します。

委託での現状販売で128万円。
詳しいことは当社ホームページ
タサキチューニングからのお知らせを
見てください。
大変お買い得な車両だと思います。

今回からエンジンの組み立て模様を
紹介するのは、車体のフルレストアで入庫し
完成させるべく組み立てに入った
Z1000R2の物です。

昔、メーカーの作った車に、
広報チューンと言われる車両が
あったのをご存じだと思います。

いわゆる、テストや宣伝に使う車には特別に
手を加え、良い評価を書いてもらうための
車です。解りやすいのはエンジンの馬力であり、
最高速で何キロだしたかなどです。

今では、メーカーのあからさまなものは
あまり目にしなくなりましたが、
それでも、一般の店の宣伝車両と販売車両では
全く内容が違うなどということがあります。
誇大広告も同じようなもんです。

大切なのは、宣伝車両ではなく、
実際に購入し、運転する皆さんのバイクが
どういう内容で整備やレストアされた物で
あるかです。

今回から紹介する製作ドキュメントは、
実際に納品するお客様のZ1000R2の
エンジンそのものです。
あなたのバイクがあなた自身にとって
特別な物となるように組み立てていきます。
これが当社のフルオーバーホールエンジンの
普通です。

撮ってある枚数がとても多いので、
全てを紹介することはできませんが、
要点を押さえて紹介したいと思います。

長くお付き合いありがとうございます。
次回はクランクケース回りの作業になります。

今回紹介している内容の様に
きちんとしたエンジンオーバーホールが
ご希望の方は当社までお気軽に
お問い合わせください。