DSC02065

スプロケットに干渉する部分を削り終わったところ。このカバーはクラッチのレリーズ機構が組み込まれていて、力がかかるため裏側のボルト取り付け部の根の部分ににクラックが入っていることがよくあります。クラックが入っている時はバフがけ前に溶接し修理します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です